くるみの栄養素

<   2007年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧




黒澤監督の『野良犬』を見た。なぜこのチョイスだったのか疑問。

d0067650_2082839.jpg
ガスパッチョのクマさんが好きな人ー。

はーい。

東京ガスのキャラクター?
可愛いです。
目と鼻が、なにげに『火』になってるところがニクいねガスパッチャオ。
なんでも火の国の王子らしい。
…火…ヒグマ…か…

妻夫木さんのタンスから偉人達が出てくる東京ガスのCMも好きで、
中でも信長が帰っちゃう時のが好き。
ちょっぴり寂しいけど。

『じゃあ(本土?)帰るわ。』
って言うピエール瀧さん信長に、
『帰らないほうが…!』
って、信長の行く末を知る妻夫木さんが、
帰るのを止めるんですねー。
でも変なプリクラつきの印籠を渡して、
『達者でな。』
って行っちゃう信長。
このときのピエール瀧さんの表情がものすごくいいんですよ。
なんか。
ものすごく。

前作からの続きものCMとは言え、
あの短い時間にぐっとくるCMが作れるというのは、
本当に尊敬してしまう。
ピエールさんのキャラクターあってこそだけど。その選択も含めて。


全然関係ないけれど、一昨日、
バッッッタリ、
宝塚の演出家、
植田景子先生に会いまして。
多分お目にかかるの6年ぶり位。

よりにもよって、写真の恰好で…

景子先生とはご一緒させていただく機会が少なかったし、
私から気付いたのだけど、
覚えてるかな…位のドキドキ感で近づいたら、
『くるみちゃん!?久しぶり!!』
っと、再会を喜んでくださいまして、(優しさか?)
しばらく色んなお話をしました。

なんかね、
同期とかもそうなのですが、
退団してからの方が、距離が近づく人が多いのです。
貪欲に次に会う約束をしたり。

初めて会う人もそう。
歳を取って厚かましくなったからだろうけど、
その時その時を大事に思う事が強くなった気がする。

知人であっても一期一会。

いつ会えるかわからないし。

人見知りで、人前で話すの苦手で、超恥ずかしがり屋なのに、
こんな仕事してる。
これはもう厚かましい事この上ないわけで、
だったら恥ずかしがらずに、怖がらずにいった方がいいですもんね。


なんか、そんな事をしみじみ思った台風の日でした。
帰りには雨もやんで、元気に帰りましたとさ。

あー、さざなみCDが聴きたいぜよ。
[PR]



by attsumaro-nn | 2007-10-29 20:08

傘が

d0067650_18354276.jpg

壊れました。

外に出て10歩ほど歩いた所での出来事でした。

ああ無情。

ビニール傘買ってまたブイン!と壊れたら、
今度こそ泣いちゃうので、
合羽買いました。
500円也。
[PR]



by attsumaro-nn | 2007-10-27 18:35

いつでも微笑みを

なぜか今頃この歌がCMで使われていて、
思わず一緒に歌ってしまいました。

「いつでも微笑みを そんな唄が 昔あったような 今こその唄を
僕たちは 歌うべきじゃないかなあ♪ 
フュッフュッーフュッフュフュッフューフュフュッフュッフュッフュー(口笛)」

Mr.Children。そんなに聞かないんですけどね、
この曲はなんだか好きで、良く聴いておりました。
曲調がフンフン♪揺れたくなるです。

しとしとしとしと。

台風なのですね。

しとしとしとしと。

もう十一月になろうかというのに。

しとしとしとしとしと・・・・・

って、しとどころじゃなーいい!!!

びゅーびゅーゆってますがな!!

ぐへへへへへ
て笑ってる聖飢魔IIの閣下みたいなたいっふうじゃないですか!

この中江東区は森下まで行く私・・・
雨は嫌いじゃないけど、靴がーーー・・・

皆さんも、風で飛んでくるものとかにはくれぐれもお気をつけて。

傘壊れませんよーに。
[PR]



by attsumaro-nn | 2007-10-27 17:30

籠鶴瓶

d0067650_20145915.jpg

違う。

籠釣瓶。カゴツルベ。
鶴瓶さんも“つるべぇ”じゃなくって、
“つるべ”さんでいいんですよね。
たしか。

今、来年1月の公演、カゴツルベのWeb予告編の撮影に行ってまいりました。
なんちゅうの?ネオオイラン、みたいな。
ド和物っていうより、現代風和装。

シンプルな衣裳に帯やお花や紐をめいいっぱいつけてもらいまして、
それっぽくスタイリングしてしまう過程は、なんともお見事でしたす。

完成のお告げをいただきましたらば、
またご案内いたしますね。

しかし…行ってから自分の役を知ったのですが、
台本を読む前に役をイメージして撮るのは大変なんだなあ。

少年社中の皆さんはそんなの手慣れたご様子で、
ちょちょいのちょいちょい、
よいやさよいやさ、とばかりに雰囲気出して撮っているので、
ただただ、ほえー、すごー、と感心。

想像力の問題?瞬発力の問題?

とりあえず一生懸命イメージしてやりましたが、
終わったら魂抜けてた…

粗相がなかったか心配…

ただいまひとまずコーヒーブレイク。

ミルクやシロップとともに、
ハチミツ色した液体が添えられていたので、とっぷり注ぐ。


さ、酒でした…


ブランデーかウィスキー…?※


魂抜けたところに茶色いお酒はね、
小量と言えども酔いまっせ。


けど、コーヒー美味しいなあ。コクコク。

なんかね、色々体に染み入る今日この頃です。

染み入る…しみいる…しみーる…シミール…シミーズ…


…秋なのか?秋だからなのか?

おかんに抜群に面白いblogを頼むと言われ、どうも空回りしたサワキでした。

狙ってオモロイblogが書けるほど器用じゃないねん。

※正解はラム酒でした。
[PR]



by attsumaro-nn | 2007-10-25 20:14

こんにちは勝利。

ハローウィン!
ではありませんねハロウィン。
なかなか親しまれきらない感じが切ないねハロウィン。

こ洒落たお花屋さんなどではオレンジ色が目立ってはいるけども。
クリスマスみたいにはいかないものですなあ。

ディズニーランドとかは楽しいんでしょうけどね。


あ、そういえばこのあいだ試写会で観させていただいた、
『アフターウェディング』
確かそろそろ公開です。

デンマークの映画で、簡単に言うと、
“家族の愛の物語”
というありがちな枠にくくられそうですが、
これが中々面白い。
最初は少し納得がいかない所もあって、
撮り方の面白さだけで押す映画か!もしかして!
って思ってたら、
途中から、『ほう、そうくる』、『あ、なるほど?』、『………。』と、
ぐんぐん入り込んでいきましてね、
最後はどの役にも共感できる不思議な映画になってました。

見る前はフランス映画のような雰囲気か、
ドイツ映画のそれをイメージしていたのですが、
どちらとも違う、
むしろ日本人にも通じそうな気質を感じたり。

気になる方はぜひご覧ください。
[PR]



by attsumaro-nn | 2007-10-24 18:33

パルムドール俳優に聞く

d0067650_18435868.jpg

な、なんと、
つい先程まで目の前に“チェ・ミンシク”氏がいました。
いたんです。

チェミンシクさんとは、
ご存知の方には本当に余計なお世話的説明ですが、
『シュリ』『パイラン』『オールドボーイ』他、
多くの映画で主演。
素晴らしい演技と存在感を放っている、
あの渋い方です。

そんな方が、ワークショップに通う私達俳優のために、
約2時間、みっちり熱く語ってくれました。
もともとパイラン(浅田次郎氏原作「ラブレター」が韓国で映画化された作品)で大ファンになったワタクシ。
会場に入って来た途端、
その温かみのある笑顔、心の広さを物語る顔の皺に、

「うわぁうわぁうわぁ」

と感動してしまいました。


俳優として、とてもいいお話をたっくさん聞きました。

勿論通訳の方を通して伺うのですが、
不思議な事に、時間が経つにつれ、
何を話しているか、直接だいたいわかってくる。

それは多分同じ職業で、日頃考える事、
良く使う言葉、があって、
そこから想像して分かる部分は大きいのだけど、
やっぱりチェさんが、身振り手振り、時にはジョークも交えながら、
真摯に私達に伝えようとしてくれたから、なのだろうと。
嬉しいことですよほんと。


どの映画を見ても、
とてもデリケートに(さりげない演技、とかではなく)、
ヤッテマス感、嘘、のない演技で、
オールドボーイのような一見あり得ない設定の話でも、
ぐいぐい引き込んでいくチェさん。

役によっては、
目の奥に正真正銘本物の狂気すら感じるチェさんですが、
今日は映画を愛する優しく熱い先輩俳優でした。

こういう素晴らしい俳優と接する事ができたり、
出会えたり、
これだからやめられません。
[PR]



by attsumaro-nn | 2007-10-22 18:43

おあおおおあいあう!

d0067650_1023473.jpg

四季流(市村正規さんがテレビでやってた)母音発声で

おはようございまっす!

さーむいっ!
ひゃっこい!
気持ちいい!

寒いのが好きです。
駄洒落の後の寒い空気とかも嫌いじゃありません。

ただね、寒いと外反拇趾子、略してボシ子がうずくんですよ。

イテテイデデなわけです。

でも多分一生付き合っていくわけで(手術しない限り)、
だったらせめて仲良く付き合いたい。

だからボシ子。

アトピーはピー子。
たまに喧嘩するとピー。
ピー呼びかよ!って切れられて、かいかいなると困るので、
なるたけピー子さん。とか。
(なるたけ、って言葉はあり?なくてもありの方向で。)

そんな風に、身体の問題児部分と仲良くお付き合いしている次第。
ま、ピーちゃんはほぼ子供の頃に治っているのですが、
4年に一回位の確率で出る。
オリンピック?

やでもその位珍しい~んですが、たまにね。
極度の乾燥肌は相変わらずなので、
気化加湿器を手に入れました。パフパフー。
その話を某先輩に話そうかとしたその時!

「加湿器ってキノコできるらしいね!」

ぬふん?

…。
どこに?
のどに?
…。



ななな、何ぃぃぃぃぃ!!


ひょっほーー!!

ムンクの叫びもまっつぁおな、声にならない雄叫びが、
ワタクシの脳裏に木霊しました。。。


で、でも気化式だぜ?なんかイオンも出てるし、
空気清浄してくれてるぜ?
ききききのこなんて…きのこなんて…

生えたら鍋にして喰ってやる。喰らってやる。

はい。ね。加湿器の問題が解決したところでね、
今日のお写真。

ピースに眼帯。

なんだかおシュールでしょう?

今日のワークショップの小道具(自前)。

今日のテキストが嫌われ松子の一生で、
眼帯してタバコを吸う、とあるシーン。
映画では吸ってなかったけど。
台本には確かにあるので、
勇んで準備。

タバコ吸わないもので、
「一番安いのください!(松子お金ない頃だし)」
ってキオスクのお姉さんに頼んだら、
割りとスタイリッシュなパッケージのタバコを出されたので、

違う。違うんじゃ姉ちゃん。

と、昔からパッケージが変わってない煙草を所望し、
これに決定。

これおじいちゃん吸ってた…いやおとーちゃんか?
今は吸ってないけど。

さ、今日もワークショップ楽しみます。

のその前に。
ロマンスカーで実家の方に寄って行きます。
休日のロマンスカー。
皆浮き足立ちすぎ!


このまま箱根行きそうになるよ!
ダメ。
[PR]



by attsumaro-nn | 2007-10-21 10:02

早く人間に、なりたいさいさァァーッッ

d0067650_17355536.jpg

♪ヤッミ(闇)に、かぁーくれって、生っきっる。
おーれたちゃよーかーい人間なのさ♪


まさかの松尾スズキ氏登場に、

まさかの妖怪人間歌いながらの登場に、

青山劇場が、沢樹が、
沸いた。

沸騰した。シュンシュンシュン。


そしてまさかの2列目で、
松尾キャバレーワールドに浸かって参りました。キャハ☆

まさかの小島よしおネタ乱発(ネタとして出てきたわけじゃないけど)にニヤニヤしながら、
最高に楽しみました松尾カオスキャバレー。
久しぶりに、幕が上がる時にワクワクしすぎて、
涙ちょびりそうになりました。

こんなにワクワクさせてくれる演出家が日本に何人いるんだろ。

奇抜な事をしてるから、とか、
面白い事言ってるから、とか、
そんなんじゃなくて、なんか、なんか、絶対期待を裏切らない裏切りをしてくれると思えるたり、
心意気の問題?

始まってからも前歯渇くほどずっとニマニマしてた。

そういう、いい物観た、
という意味ではすごくハッピーな観劇で、
本年度No.1でした。

内容はどの人物にとってもめでたしめでたしじゃないし、
切ない終わりなのだけど、
どんよりしないでスカッと、
いいもん観た!
と思わせちゃうのは、
松尾さんの不思議な言葉の数々を魅力的に伝えきれる役者さん達と、
それをさらに導いたり発見したりできる演出松尾スズキさんの成せる術なのでしょうの。
術?技?業?


降板してもいい、休載してもいい、(いい、って私何様)
どうか長生きしてください…………
貴方様は日本の演劇会の宝なのですから。


熱く語ってしまいました。


さいごに。


秋山菜津子さんにあのフルーツを
「おっことぬし」
と言わせるセンスに、
脱帽。

です。


あ、もひとつさいごに。

観たらポッキー食べたくなりました。
観た方しかわからなくてすみませんせん!

暑苦しい日記でごめんなさいなさい!
[PR]



by attsumaro-nn | 2007-10-20 17:35 | 舞台

なんてことぉぉぉぉぉぉぉぉ

うっかりぃぃぃぃぃ・・・
うっかりぃぃぃぃぃっぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ・・・・・

ゴール目前の日記をぉぉぉぉぉぉ

消してしまったぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・

これだからパソコンでのUpは怖い。くすんくすん。

消えた日記を取り戻す方法をご存知の方、ご伝授くださいぃいぃぃっぃぃぃぃっぃいぃぃぃ

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・・・・・


でもこれだけは言おう。

昨日、赤坂レッドシアターにて
真心一座・身も心も「流れ姉妹~グレート・ザ・ハンティング」
観ました。

すぅぅぅぅっぅぅぅぅぅぅぅぅっごいーーーーーーーー・・・・・

なんかもう、とにかくすごい。何がすごいっていうか、とにかくすごいもの観ました。
なんていうか、
ゆーたら今チケット取れない人気劇団の役者さんや、人気演出家さんたちが、
赤坂レッドシアターをめいいっぱい使って、
やりたいことを本気で、マジでやってるド迫力と、
そこから生まれる緊張感と、
その緊張感の中で味わう技の数々と、
なんかもう、なんでこんな演劇界のスター達がこんな本気で無茶やってんの!?
みたいな、なんかなんかなんか、

すっごいの!!

笑ったねー。びっくりしたねー。
腸ねん転起こすかと思ったねー。

中でも高田聖子さん格好良すぎ。ますます惚れました。
しゅ、しゅき・・・・。
ってなぜか赤ちゃん言葉になるほど好きっす。

照明とか音楽とかも良かったなー。
当日券並んでも観て欲しいなー。

夜は今通ってるワークショップでご招待いただいた映画の試写会へ。
これも面白かった!
これはまた後日。。。

今日はあの舞台へ・・・・!!
[PR]



by attsumaro-nn | 2007-10-19 13:33 | 舞台

サヨナラは言わない

夕暮れ時、
学校帰りの小学生達とすれ違った。

一人の女の子が振り返って、

『バイバーイ』

他の子も

『バイバーイ』

すると最初にバイバイを言った女の子が、
気をつけの姿勢をとるや、

『サヨナラは言いません。(しばらく見つめ)バイバーイ。』


……どこでそんな台詞覚えたんでしょうか。
子供って…
子供って…

面白い。

でもバイバイとサヨナラ、一緒だけどね。
うん。まあいい。

さてさてそろそろ寝ます。
おやすみなさい。

サヨナラは言いませんが。

おやすみなさい。
[PR]



by attsumaro-nn | 2007-10-17 23:53

日記
by attsumaro-nn
プロフィールを見る
画像一覧

*沢樹くるみ*

2002年に約7年間いた宝塚を退団し、
2010年、約7年間さらに続けた女優業を卒業。
今は劇団「弾丸MAMAER」
で制作見習いをさせていただいております。
立場は違えど、お客様の笑顔や、心が動く様子を拝見する瞬間が大好きです。
劇場でお目にかかれるのを楽しみにしております☆

弾丸MAMAERの稽古場日記も覗いてみてくださいね↓
めぐるみの弾丸紀行

ファン

ブログジャンル

画像一覧